【貧困沖縄】 キャバクラ、風俗、援助交際、未成年女性の違法風俗勤務のケースが続出!

女子高生を雇うキャバクラや風俗! 実子にスナック務めをさせる両親!沖縄貧困の影響か?

日本人女性の離婚率第一位となった沖縄県で、援交、キャバクラ、風俗、スナックで働く未成年女性が続出してることが問題になっている。少女たちが年齢を偽ってまで夜の世界に身を置く理由はやっぱりお金!! なぜ今沖縄での貧困問題が多発しているのか・・・その理由は、母子家庭、自堕落した母親のための生活困難。また家賃や物価が比較的安い為、貧困な生活に悩む家庭が住居を移してくるケースが多いためである。家族の家計を助ける為に自ら働きモノ、両親に半ば強制的に働かせるモノ、少女たちはいったい何を想っているのか?

実際に未成年ながら風俗嬢をやっているという女性とコンタクト

今回は、実際にデリヘル嬢をしているという16歳の女子高生Iちゃんの撮影協力をしてもらい、実際の現場を隠し撮りさせてもらった。現在は夏前のオフシーズンということで、観光客も少なく、料金はたったの40分一万円!そのうち半分が彼女にもとに入るというが、正直このレベルの女性であれば、年齢はさておき最低でも一回数万円は稼いでいても不思議ではない。

生活がきついから沖縄に住んで風俗嬢にやっている・・・しかし東京ならば同じサービスでも数倍は稼げちゃう。彼女たちはこの矛盾に気が付いているのだろうか、そう質問をしてみると、「東京でやったらすぐに捕まっちゃうから・・・」では、なぜ沖縄は未成年者の風営法違反が多発するなか検挙に踏み切らないのか? 新たな疑問が生まれてくる。 沖縄県知事はこの問題を早急に解決することで、米軍基地のおける外国人男性と恋愛トラブルなどをもっと未然に防げるはず。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です