【女性主観のH体験告白談動画】18歳の小っちゃい小娘に生でずぼずぼハメたった♪

18歳の美少女はスベスベでアソコの締まりがマジ最高ー

素人さんのエッチな告白体験談を、ロリ系AV女優の平原心が再現します。

これはつい最近の話!どうしても自慢したいから聞いてくれよな!
親友とその彼女と一緒にファミレスに出かけたわけよ!その彼女っていうのは、俺らより15歳も年下で、つい最近高校を卒業したばかりの
ピチピチギャル!ギャルっていうより、俺らくらいの年になるともう子供だねWW オレは友人が羨ましくて、その彼女に「誰か紹介してよ~
突き合って欲しいとかじゃなくて、軽い感じでオジサンと遊んでくれる子がいいな~」なんて、冗談っぽく懇願してみたのよ!そうしたら、マジで探してくれて、その日の夜に4人で会うことになった。もちろん、友達のツレの紹介だから無下には出来ないだろ?だから、一番初めはとにかく紳士に対応したわけ。彼女の身長は超ミニマムで、聞いたら146か147㎝だって(笑)俺の身長が190㎝あるから、身長差が約50センチ(笑) 「まるで、矢口真里と中村なんとかみいだね」なんて冗談で爆笑を誘ってやった。
その甲斐あってか、その日の夜に彼女からLINEがあってさ、「今日はありがとうございました。また誘ってください。」だって。
それから毎日のようにLINEのやりとり。とにかく二人で遊びたくて毎日誘ってるんだけど、警戒してんのかいつもはぐらかしてくんだよね。まるでキャバクラ嬢とのやりとりみたい。そんなこんなで、約一か月!ついに二人で会うことになった。たまたま俺んちの近くまで来てたらしく、「もひヒマなら今から家に遊び行っていい?」 女心ってホントに分からないよな!
まあ、俺にとってはここからが本番ってわけ。鼻から付き合う気なんかないし、目的は一つ!若い娘とのSEXだけ。ここからどうやってエッチまで持ち込むかってのが一番楽しいんだよな。と言っても、いきなりの展開で何も考えてなかった俺!せっかく家にくるのに外に遊びいくのは勿体ない。そんなん考えてるウチにチャイムが鳴ったわけ。ドア開けると彼女が申し訳無さそうな顔で立っていた。部屋に入れて、取り合えず飲み物とアメを上げた。アメをあげたら喜んでくれて、可愛い笑顔!見れ見るほど可愛い子で、ショットパンツからのぞく生足がまじでそそる。「早くヤリてー」って何度も考えながら、とりあえず二人でパーティーゲームをやることに。こんなのやっても面白くもないけど、ここから勝負で罰ゲームを決めるってのが俺の狙い。最初はモノマネとデコピンとかって言ってたんだけど、だんだんHなお願いをしてみた。まあ年の差もあるし、向こうからみたらスケベで面白いオジサンって感じか!ってことで、まずはキスから!
「え~っ」嫌がる彼女に「勝負だから」とイタズラな笑顔でゴマかす。すると彼女からフレンチキス!これはいけるんじゃねーのか!
次はおっぱいを触らせてとおねだり。今度は嫌がりもせずに、恥ずかしそうに固まるカノジョ!俺は立って、後ろから小さな胸を揉んでいった。感じちゃたのか、顔を真っ赤にしながら身体をクネクネさせてるのよ!これはイケルだろ。確信を得た俺は、そのまま上着を脱がして脇を舐めていく。そのままお姫様抱っこをして布団へ!こうなればもうこっちのモン♪18歳の経験値なんて、大したことないよ!
大人のエロを思い知らせてやるって感じで、手マンとクンニでビショビショにしていく。まだまだ開拓されていなのか、喘ぎ声も唸るような感じで物足りないけど、それがまたリアルで興奮したな~! 仁王立ちになってフェラチオさせてから、いざ挿入へ!ここでアクシデントが発生。マンコの締まりが良すぎて、俺の巨根がなかなか入らない。彼女は痛がってるけど、このままギンギンになったチンコは引き下がれないだろ!だから、唾液を手に付けてもう一度しっかり手マンしてからグイグイと強引に押し込んでいったよww
膝を抱えながら正常位でゆっくりとピストン!バックに体位を変えてプリケツを力いっぱい掴みながらガンガン突いてやった。
「やめて、やめて」と逃げようとする態度がまた興奮を誘る!俺も変態みたいな言葉責めをして、犯してる気分になってきちゃって、
たぶん目とか血走っていたかも!もっともっと気持ちよくさせたくて、まんぐり返しして上からズボズボ!マン汁がビチャビチャ飛び跳ねて、音とかマジエロイ!さすがに中に出すのは拒否されたから、顔にめがけて思い切り射精してやったよ!
小娘は腰砕けなってしばらく動けなくなってたなww 
その後は帰るまでに計8回くらいHしたっけ。最後の方なんて、いっぱいしに「もっとちょうだい」なんてエロい言葉まで使って、
しっかり絶頂までしてたよ!結局彼女とはこれっきり連絡すら取っていないけど、もう十分かな!
どうだい?羨ましいだろ!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です